再生数を増やすコツとは?

投稿日:

「YouTubeに動画を投稿した事がある人」は、どれくらいいるでしょう?動画を見るのはみんな大好きですが、動画投稿となると突然ハードルが上がったように感じてしまいますよね。YouTubeへ動画を投稿して一新回数が増えれば、驚いたことにお金を手にする事も可能なのだとか……自らもそのような大注目動画を作ってみたい!というわけで採り上げるのは“YouTubeの中の人”であるGoogleの船越さんに、未経験者でも堪能できるYouTubeの動画制作テクニックを聞いてきました。また、六本木ヒルズにあるGoogle東京事務所に潜入!ウレぴあ総研スタッフが事務所内を探検して撮影した動画を、実のところにYouTubeに膨れ上がるしてみました。テキストと動画、あわせて味わってでみてくださいね。「最初にYouTubeで動画を検索し、その結果から選択してでもらえるかが勝負。

真っ先に『サムネイル』ですね。一例を挙げればイルミネーションの動画を<イルミネーション?東京>と検索すると、関連する動画が出てきます。その中から如何に動画を選定するかというと、いちばん際立つサムネイルを選択される事例が多々あるです。それにより、サムネイルやタイトルを構想する事が価値があるです」「面白いクリエイターの動画を視聴した人は、同じクオリティの動画や続きを見たくなるもの。そのようなユーザーの望み感を活用して、自身のチャンネルを継続して視聴してもらうようにしましょう
それによりには決まった的に動画を公開したり「視聴したユーザーに『チャンネル登録してね』、『次の動画も見てね』など、ユーザーの行動を促す事でエンゲージメントを高めていく創意工夫も有効です」動画を決まった的に急上昇ロードしていたり、動画の最後に絶対エンディングロールを入れて他の動画の広告やメッセージを入れていたり……成功しているクリエイターは、誰もがこういった地道な努力を行っているのだそう。

動画の影響をより広めるために、SNSでの拡散も影響的。自らの動画は他人に如何に見えているのか、どのような風に動画を広めていくのか。ユーザー側の視点を考慮しながら制作する事を時には必須でしょう。定期的時を決めて公開するといった、視聴者の暮らしに習性として定着するような視聴体験を用意していきます」。例を挙げると日本語でしゃべっている動画があると、音声認識で自動的に日本語の字幕が生成されます。その上Google翻訳の技術で英語やフランス語などに翻訳すれば、各国の言い回しに切り替える事ができます。字幕が入るように動画の膨れ上がるロード時に設定すれば、ユーザーが自らの言語に組み合わせて字幕を変更して動画を視聴できます。字幕に不的確な中身があれば、音声認識で生成したファイルをいったんダウンロードして、自身で推敲してまた膨れ上がるロードもできます。