YouTubeに動画を投稿するために必要な道具

投稿日:

ユーチューバーになって稼ごうと思ったら、まずはYouTubeに動画を投稿する必要があります。そのためにはいくつか道具が必要です。では、どのような道具をそろえたらよいのでしょうか。

●カメラ
YouTubeに投稿する動画を撮影するために必要です。スマホでも動画を撮影することはできますが、カメラの方がきれいで高度な動画を撮影することができます。
YouTubeで稼ぐためには、視聴者目線で考えなければなりません。視聴者はどのような動画を見たいでしょうか。画像が粗い、手ぶれしている、このような動画よりも、鮮やかで手ぶれのない動画を見たいはずです。このような視聴者に見やすい動画を撮影するためには、スマホよりもカメラが望ましいです。
ユーチューバーになりたいけど稼げるか不安な場合は、いきなり高額なカメラを購入するのではなく、手ごろな価格のものを手に入れるとよいでしょう。

●三脚
一人で自分自身を撮影するなら三脚はあった方がよいです。また、三脚があると動画がブレないメリットもあります。
なくても撮影はできますが、あると便利な道具です。

●マイク
ビデオカメラで音声を拾うことはできますが、街中でインタビューする、自然音を収集するといった場合はマイクがあるとよいです。マイクがあると音を拾いやすくなります。

●パソコン
なくても動画投稿はできますが、パソコンは動画の編集をする際に役立ちます。

●動画編集ソフト
撮影した動画は編集してからYouTubeに投稿をすることが一般的です。撮影した動画をカットする、装飾をするなどに使います。
スマホのアプリを使って編集することもできます。

●ライト
なくてもよい道具ですが、あると動画をよりきれいに撮影できることもあります。特に暗い場所で撮影をするときには必要です。

●カメラバッグ
なくてもよい道具ですが、屋外で撮影するとき、移動が多いときにはあると便利です。使用する機材の量や大きさにあったバッグを選びましょう。

●カメラクリーニングキット
よい撮影をするためには、道具をよい状態に保っておく必要があります。専用の道具でメンテナンスをしましょう。

YouTubeに動画を投稿するために最低限必要なものはカメラです。それほど多くの道具は必要なく、気軽に始めることができます。
クオリティの高い動画を投稿したいなら、さまざまな道具をそろえておくと便利です。いろいろな道具があるので、目的にあったもの、使いやすいものを選んでみましょう。